YOGA FOR DEPRESSION with Chiemily

うつ太り解消ダイエットの基礎!

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

うつ病になると、運動不足や薬の副作用など様々な原因で太りやすくなると言われていますが、どうやって体重を戻していくのがいいのでしょうか?今回は、うつ太りからダイエットに成功した私の経験をまとめていきます。

ただし、ダイエットをするべきではない段階もあると思いますので、気になる方は主治医に相談してみてください。

うつ病の人には無理な食事制限などのダイエットは不向き

以前下の記事でも紹介しているのですが、、、

うつ病の人はただでさえメンタルに不調をきたしているので、無理な食事制限をすることはメンタルにもよくありません。

そのため、無理のない範囲で行うことが大前提になります。

うつ病の人におすすめしないダイエット

では、どんなダイエットがいいのでしょうか?

私は短期的なダイエットではなく、生活習慣を変えるような長期的なダイエットの方がいいと思います。

運動よりも食事の方がカロリーをコントロールしやすい

意外と知らない人も多いようですが、運動だけをしても痩せることは難しいです。

 

え?!っと驚かれた方、運動による消費カロリーと食べ物のカロリーを見比べていきましょう。

 

体重50kgの人の消費カロリー[1]https://www.tanita.co.jp/content/calorism/table/index.html[2]https://retio-bodydesign.jp/columns/article/yoga-caloriesburned/

ジョギング   20分 123kcal

テニス     30分 184kcal

水泳(クロール) 10分  70kcal

常温ヨガ    60分 約150kcal

 

 

摂取カロリー[3]https://www.tanita.co.jp/content/calorism/table/index2.html[4]https://www.mcdonalds.co.jp/quality/allergy_Nutrition/nutrient/[5]https://www.ootoya.com/news/allergy2.pdf

かつ丼 893kcal

ミートソースパスタ 597kcal

チャーハン 754kcal

ショートケーキ 292kcal

てりやきマックバーガー 478kcal

マックフライポテト®(M) 410kcal

大戸屋風ばくだん丼:まぐろ2枚盛り 477kcal

 

 

では、例として食事を変える場合と運動をして消費する場合を比較して見てみましょう。

食事を変える場合の例

マックのてりやきマックバーガーとポテトMを食べた場合

てりやきマックバーガー 478kcal

マックフライポテト®(M) 410kcal

合計888kcalになります。

⇒大戸屋のばくだん丼(477kcal)に変えれば、摂取カロリーは411kcal減らすことができます。

 

運動をして消費する場合の例

マックのてりやきマックバーガーとポテトMを食べた場合

てりやきマックバーガー 478kcal

マックフライポテト®(M) 410kcal

合計888kcalになります。

411kcalを消費する運動
⇒水泳(クロール)を1時間、またはヨガを2時間40分など

水泳を1時間泳ぎっぱなしで行うよりは、食事を変えた方が簡単ですよね?

そのため、食べ物のカロリーを調整する方が効率よくカロリーをコントロールできることになります。

運動は代謝を上げるために行う!

運動はしなくていいや!!

そう思われてしまったかもしれないので、ここで少し触れておきます。

 

運動は直接的に体重を減らすというよりは、痩せやすい体を作ることができます。

 

痩せやすい体??

人間には生きているだけで消費するカロリー、基礎代謝というのが存在します。

その基礎代謝量は体重によって変化しますが、筋肉が増えるとその分代謝も上がります。

 

そのため、筋肉を増やす運動をすることで、何も活動しなくても消費できる基礎代謝を増やすことができ、痩せやすい体を作ることができます。

つまり、運動は無駄ではありません。
すぐには効果が出ませんが、長期的な変化につながります。

また、余談ですが、運動はメンタルにもいいということが最近の研究でもわかってきているので、やっていて損はありません。

なぜ運動がメンタルにいい影響を及ぼすのかについては下の記事も併せて読んでみてください。

なぜ運動がうつ病にいいとされているのか?

 

 

 

なるべく原始時代の食事を心がけよう!

さて、ではどんな食事を心がければ健康的に痩せられるのでしょうか?

 

私の記事の中では、よく出てくるのですが、パレオダイエットという考え方を推奨しています。

パレオダイエットって何?と思われた方は下の記事も併せてお読みください。

この記事では、私がどのように実践しているかも紹介しています。

もう、うつ太りとはさよなら!!私が痩せた安全な方法~パレオダイエット~

最後に大切にしてほしいこととしては、一時的に痩せるのではなく、その健康的な生活を今後もずっと続けていくということです。

もちろんドーナッツが食べたくなることも、ケーキが食べたくなることもあると思いますが、それは自分へのご褒美デーのみにして、毎日の食生活を自分の健康のためにするということが一番です。

 

ケーキやドーナッツ、焼き肉など高カロリーな食事をした後はどのように対策すればいいのかに関しては、後日プチ断食のやり方を紹介します。

参考にした本

 

 

 🔗  本の購入はこちら | amazon  

 

 🔗  本の購入はこちら | amazon  

 

 

 🔗  本の購入はこちら | amazon  

References

References
1 https://www.tanita.co.jp/content/calorism/table/index.html
2 https://retio-bodydesign.jp/columns/article/yoga-caloriesburned/
3 https://www.tanita.co.jp/content/calorism/table/index2.html
4 https://www.mcdonalds.co.jp/quality/allergy_Nutrition/nutrient/
5 https://www.ootoya.com/news/allergy2.pdf

この記事を書いた人

ちえみりー

学生時代にうつ病を発症し、就職するもすぐに休職。 もともと運動は大の苦手だったが、健康のために始めたヨガにはまり、 2019年9月にバリにてRYT200というヨガインストラクターの資格を取得。 自身の経験を元にうつなどの悩みを持つ人への情報発信や ヨガレッスンを提供している

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

関連記事RELATED ARTICLE

うつ病・メンタルヘルスのためのヨガ。ご予約・お問い合わせはこちら。

Line@で友達申請 Line@で友達申請 arrow_right
PAGE TOP