YOGA FOR DEPRESSION with Chiemily

ヨガマットの選び方

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

みなさん、こんにちは!ちえみりーです。

 

最近はおうちでの筋トレなどにヨガマットを購入する方も増えているのではないでしょうか。

 

ヨガマットはネットやスポーツショップ、イオンなど、どこでも手に入ります!

 

でも、価格も500円から高いものには1万円を超えるものまで。

 

いったいどれを選んだら良いのか悩んでしまうのでは?

 

今回は素材などのさまざまな要素からヨガマットの選び方を紹介します。

 

ヨガマットの種類と要素

 

素材

価格やグリップ感などを左右する最も重要な要素は、何の素材で作られているかということです。

 

ヨガマットの素材

ヨガマットの素材写真

PVCは最安値で1000円以下でも手に入りますが、汗をかくと滑りやすいので、グリップ力を重視する方には適していません。

 

また、ゴムのにおいが気になる方や、環境への配慮を気にされる場合は(燃やすとダイオキシンが発生するため)他の素材を選んだ方がいいと思います。

 

普段あまり使わない方や、ヨガで使わない方はPVC素材のマットでもいいかもしれません。

 

私のおすすめはTPEです。

 

厚さ

厚さは意外と関係なさそうで重要です。

 

ヨガで寝ポーズをよく取る場合に薄いと腰が痛くなりますし、バランスポーズを取る場合は厚いと安定しにくいです。

 

また、素材によって硬さも異なるので、この厚さが適しているというのは一概には言えません。

 

迷った場合は5~6mmを選んでおけば間違いないと思います。

 

1~2mm
外ヨガをする場合や持ち運びを考えた場合は、薄くて軽いものがおすすめ

 

3~4mm
ハードなヨガ(アシュタンガ、パワーヨガなど)や、立位がメインで運動をする場合にはおすすめ

 

★5~6mm
初心者から上級者までの幅広いレベルの人が使いやすく、立位、座位、臥位などさまざまなヨガをする場合にもおすすめ。また、体感トレーニングや自重の筋トレをするのにも問題ないと思います。
重さやグリップ感が気になる方は、素材で選ぶのがおすすめ

 

6mm以上
四つ這いなどで膝が痛い方などクッション性が必要な方は厚めのマットを選ぶのがおススメです。
または5~6mmのマットで気になる部分の下にタオルなどでクッション性を出すことも可能です。
寝転がってストレッチをすることが多い方は厚めのマットを検討してもいいかもしれません。

 

長さ

基本的には頭から足までがすっぽりと入る、180cmくらいのものが多いのではないでしょうか。

 

通うヨガスタジオによっては、たくさんの人にレッスンを受けてもらうために、特注でマットの長さを短くしている教室もあるようです。

普通サイズ(180cm)のマットでも空いている時は受けることができますし、混んでいる時は一部を折りたたんで使っている人も見受けられます。

 

身長が180cm以上ある方で寝ポーズを良く行われる方は、頭から足までがマットから出てしまうので、気になる方は長めのマットを購入してみてもいいかもしれません。

 

教室で指定がない場合は普通サイズや長めのサイズが使いやすいと思います。

 

デザイン

ヨガマットの値段が上がってくると、ロータスや幾何学模様などかわいいデザインのマットが増えてきます。

 

デザインが描かれているから必ずしも良いというわけではありませんが、加価値としてモチベーションアップにつながるかもしれません!

 

ブランド

また、たくさんのヨガブランドが存在するので、お気に入りのブランドで購入するのもいいと思います。

 

有名どころはSurialululemonYogaworksB YOGAmandukaYOGA DESIGN LABなどでしょうか?

 

毎日トレーニングをしているDaiGoさんはmandukaのマットを使っているようですよ!

 

 

私が使っているヨガマット

私が最近気に入って使っているのはAmazonで買ったこちらのマットです。

 

私は常温でも手汗を書きやすいのでダウンドッグのポーズ(下の写真)を取ると手が滑りポーズが集中して取れないこともしばしば。

 

画像1

このマットは値段の割に汗をかいても比較的滑りにくく、グリップ感があり、ダウンドッグのポーズが比較的取りやすいです。

 

また、TPEという素材にしては2000~3000円くらいとお安いのでお試し使いにもいいと思います。

 

 

ヨガマットにもいろんな種類があり、用途によって適切なマットを選ぶ必要があります。

 

しかし、使ってみないとわからないこともあると思うので、一度低価格なものか私の使っているマットを使ってみて、次に買うものを判断してもいいと思います。

 

また、いきなり高価なものを買っても、その良さが実感できないともったいないと思うので…。

 

いろんなヨガスタジオで使われているマットをレンタルしてみて、気に入ったものがあればどこのものか聞いてみるのもいいと思います!!

参考にしたサイト

ヨガマットの選び方

ヨガマットの選び方ガイド

 

この記事を書いた人

ちえみりー

学生時代にうつ病を発症し、就職するもすぐに休職。 もともと運動は大の苦手だったが、健康のために始めたヨガにはまり、 2019年9月にバリにてRYT200というヨガインストラクターの資格を取得。 自身の経験を元にうつなどの悩みを持つ人への情報発信や ヨガレッスンを提供している

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

うつ病・メンタルヘルスのためのヨガ。ご予約・お問い合わせはこちら。

Line@で友達申請 Line@で友達申請 arrow_right
PAGE TOP