YOGA FOR DEPRESSION with Chiemily

うつ病休職中にしてはいけないこと

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

休職に入ると、何をしてよくて、何が悪いのか。

 

会社の心証や自分の病気を治すためにどうすべきか?などといろいろ心配になりますよね。

 

今回はうつ病休職中の私の体験から、良くなかったと思うこと、止めていたことを紹介していきます!!

 

負担になる行動とは?

うつ病休職中にやめておいた方がいいことを一言でいうと、自分にとって負担になることです。

 

今回は私の経験をベースにお話ししていますので、ここに書いていないことでも負担になることがあれば、なるべく避けることをおススメします。

 

焦りを生む行動

 

休職し始めると必ずと言っていいほど、休んでいていいのか、早く復帰しなければという焦りが生じます。

 

焦りはうつ病の症状を改善するためには大敵で、後々長引かせる原因となりますので、気を付けてください。

 

私も実際一度1か月の休職をした後4か月で再度休職しており、同期からの遅れを少しでも取り戻そうとして焦っていました。

 

具体的な焦りを生む行動として考えられるのは

 

・同期や同僚などと会う

・先のことを考えすぎる

人生は短いという考え方に触れる など

 

これらはなるべく避けた方がいいと思います。

特に、人生は短いという考え方は焦りにつながります。そんな考え方に触れてしまい、焦りを感じたら、この記事が参考になるかも?

 

うつ病を治すために時間を使うのは無駄なの?|note

 

人に会い過ぎること

うつ病になるととても疲れやすいです。
 
 
普通の人からしたら些細なことだと思っても、気を遣う相手に会うことは休職になっている状態を加味すると、とても疲れることです。
 
 
これは私も主治医からも気を付けるように言われていました。
その時は大丈夫だと思っても、帰ってから具合が悪くなり、そのまま2,3日体調を崩すこともあるので、無理は禁物です。
 

うつ病になる前の元気な状態から考えると想像できないほど、ちょっとしたことで疲れるので、安易に人と会うことはおすすめできません。

 

飲み会に参加すること

 

常識的に考えて、休職中に飲み会に行くなんてダメだと思う方もいらっしゃると思いますが、病気に対しても悪影響です。

基本的に抗うつ剤とアルコールの併用は禁止なものが多いですし、先ほどの人と会うという点においても、疲労の原因となります。

 

一人暮らし

 

これは絶対ではないですが。

 

うつ病で症状が重いと自分の生きている価値がないように思えたり、重度の場合希死念慮(死にたいと思うこと)が出てくる場合もあります。

 

そんなときに1人だと、その悩みを一人で抱えてしまうことになり辛い思いをしやすいです。

 

人と会うのはストレスになりやすいという話はしましたが、人間やはり一人では生きていけないので、両親や親族、友人や恋人など信頼できる人を頼りましょう。

 

また、うつ病にかかると倦怠感の影響で家事などの身の回りのことができないこともあるので、サポートしてくれる人がいるとなおいいですね!

この記事を書いた人

ちえみりー

学生時代にうつ病を発症し、就職するもすぐに休職。 もともと運動は大の苦手だったが、健康のために始めたヨガにはまり、 2019年9月にバリにてRYT200というヨガインストラクターの資格を取得。 自身の経験を元にうつなどの悩みを持つ人への情報発信や ヨガレッスンを提供している

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

タグ:

関連記事RELATED ARTICLE

うつ病・メンタルヘルスのためのヨガ。ご予約・お問い合わせはこちら。

Line@で友達申請 Line@で友達申請 arrow_right
PAGE TOP